最終更新日: 2016-06-26 日 01:23
ホーム | 文書トップ | 目次

Jackie Mittoo

Table of Contents

Jackie Mittooとは

Ska、Rock Steady、Reggae と呼ばれる音楽はジャマイカで生まれた。

まず最初に Skaが生まれ、比較的テンポが速かったSkaがゆったりとしたリズムの Rock Stedy となり、さらに Reggae へと変化した。

このように、Reggaeの元となっている音楽が Ska、Rock Steady である。

そして、Ska、Rock Steady は Ska-talites(スカタライツ)というグループのメンバーによって作られたといっていい。

Ska-talites でピアノ、オルガン等の鍵盤楽器を担当し、そのサウンドの核をつくったのが Jackie Mittoo である。

Jackie Mittooの音源(レコード、CD)

Ska-talites 及び Jackie Mittoo の代表的な音源は Studio One というレーベル(スタジオ)に残されたものである。

Studio One のアルバムは基本的にはレコードであるが、一部 CDで入手できるものもある。 また、Heartbeat(米)、SoulJazz(英) といったレーベルからコンピレーションが発売されている。

SoulJazzの音源は音質がよいのでおすすめである。

アルバム(Studio One)

In London

Evening Time

Keep On Dancing

Now

Macka Fat

傑作とされ、アルバムジャケットのインパクトとも相まって、多方面で紹介されることも多いアルバム。

全曲通して、ハモンドオルガンの音色、フレーズが神秘的に鳴り響く。曲のつながりもいい。

(コンピレーションを除く)アルバムとしては最もおすすめできる一枚。

Reggae Magic

Showcase

同タイトルの名前の付いた音源は複数あるが、これは Studio One のもの。

文字通り、全曲、Showcaseスタイルと言われる、元曲にダブがつながったもの(よって、曲の長さが2倍になっている)が A/B面それぞれ 3曲ずつ収められている。

個人的には、かなり思い入れがある。 SoulJazzのコンピレーション "The Keyboard King at Studio One" の、"Oboe" と "Wall Street" があまりに素晴らしく、これが収められた本アルバムを是非入手したいと思ったものである。 あまり出回っていないと思われる。私は店頭では見たことがないが、たまたま、Yahoo!Auctionでジャケット無しのものを入手できた。

実際聴いてみると、前述の2曲のようなインパクトのある曲が全曲揃っているわけではなかった。ただし、1曲目 Lovers Rock は一聴の価値有り。

アルバム(Sudio One以外)

Keyboard King

Hot Blood

In Cold Blood

Wishbone

The Money Makers

これもレア盤の一つだったようなのだが、2010年に日本のレーベルからCDが発売された。

At Wackies

アルバム(コンピレーション)

Tribute To Jackie Mittoo (Heartbeat)

The Keyboard King at Studio One (SoulJazz)

バランスよく曲が収録されている上、音質もよいので、おすすめのコンピレーションアルバム。

Last Train To Skaville (SoulJazz)

Chanpion in the Arena 1976-1977

A Tribute To Reggae's Keyboard King Jackie Mittoo Interpretations & Improvisations

参考

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)