最終更新日: 2017-09-24 日 18:25
ホーム | 文書トップ | 目次

DD-WRT

Table of Contents

DD-WRTの概要

DD-WRTとは

Wikipediaからの引用 「ゲートウェイ、無線LANアクセスポイントなどの組み込みシステム用ファームウェアとして開発されているLinuxディストリビューションの一種である。」

公式ページは、http://www.dd-wrt.com である。

Wikipediaや公式ページの情報を見る限りでは、安定板(stable)のリリースは 2008年の v24-sp1 が最後で、それ以降はベータ版のみがバージョンアップされている状況のようだ。

Changelog は v24 SP2 (preview release) を最後に更新されていない。

tracのタイムライン は随時更新されている。

ソースコードはSubversionで管理されており、リポジトリのURLは svn://svn.dd-wrt.com/DD-WRT である。

対応機種

対応機種は Supported Devices のwikiに記載されている。

ファームウェアのリリース、バージョン

前述の通り、現在はベータ版のみバージョンアップされている。

ftp://ftp.dd-wrt.com/betas/ の下が年 -> 月-日-年-Subversionのリビジョン名 -> 機種名、のディレクトリ階層となっており、その下にファームウェアのバイナリデータが格納されている。

例えば、2017年9月16日現在、WZR-1750DHP用であれば、ftp://ftp.dd-wrt.com/betas/2017/09-11-2017-r33345/buffalo_wzr-1750dhp/ の下に、 buffalo-wzr-1750dhp-webflash.bin と factory-to-dd-wrt.bin が格納されている。

まとめ文書

ファームウェア書き換え

Wirelessの無効化

ブリッジ設定

Secure Shell(ssh)の設定

OpenVPN の設定

Wake On LANの設定

ログ取得設定

その他もろもろ

参考

Nuro光

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.3.1 (Org mode 8.2.10)