最終更新日: 2016-06-26 日 01:23
ホーム | 文書トップ | 目次

日記(2009年)

Table of Contents

12月19日(土)

#org-mode

プロジェクト管理(Org-Mode等)

上記で紹介されていたものの中で、気になったもの

Org-Modeは試しに使ってみよう。 どこかで見たことがあると思ったら、Emacs Museのページでも紹介されていた。

日本語だと、上記ページで詳しく紹介されている。

また、上記では freemindとOrgModeをつなぐemacs-lispが紹介されている。

12月9日(水)

Google Chrome (Linux版) インストール

キーの追加

$ sudo wget https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub
$ sudo apt-key add linux_signing_key.pub
OK

apt-line の追加

  • /etc/apt/sources.list に下記を追加
# Google software repository
deb http://dl.google.com/linux/deb/ stable non-free main

インストール

  • Synaptic パッケージマネージャにより、インストール
  • google-chrome-beta (4.0.249.30-r33928)

起動

  • 1回目の起動時にOS毎落ちた。。
  • ただしその後は問題なく使えている

10月5日(月)

Linuxのパフォーマンスを改善する3つのTips

10月3日(土)

続 Mini-ITX

  • EPIA CN10000EG or EPIA EN12000EGを検討中
  • 現在稼働中のサーバはそのままで、ゆっくり環境構築したいので、ケースも買おうかなと
  • 下記ページの紹介は参考になった
  • 結局 Antec ISK300-65 がよいかなと(今使っているデスクトップもAntecだが、、)
  • Mini-ITXにしては、ちょっと大きめだが、その分バランスのよい造りである
  • ISK300-65に関しては、下記ページのレビューも参考になる

dmraid

  • EPIAのマニュアルを見ていたら、BIOSの SATA Mode で RAID とあったのが気になったので調査
  • とりあえず、Driver Utilites CD に”VIA RAID Driver”というのが入っているので、Windows ではこのドライバを入れればSoftware RAIDが使用できるのだと予想できる
  • BIOSとソフトウェアの組み合わせによって実現する、いわば半ソフトウェアRAIDというべきものであるようだ
  • Linuxだと、dmraidというもので利用できるようだ
  • RAID by dmraid
  • dmraidの苦悩(その1)
  • dmraidの苦悩(その2)
  • dmraidの仕様
  • 私としては、RAID1 で運用して、障害があった場合にスムーズに復旧できることを望んでいるのだが、復旧方法もよくわからず、使用は現実的でない気がする
  • あり得るとしたら、速度が欲しい場合にデータ領域としてRAID0を構築する場合だろうか。
  • 純粋なソフトウェアRAIDとして mdraid(dmでなくmd)というのもあるようだが、どちらにしてもリスクが高そうでやろうとは思わないな。。

9月27日(日)

VIA Mini-ITX

  • マザーモード Mini-itx Unity Direct
  • 自宅サーバは Mini-ITX の VIA EPIA-E533 をベースにしたPCなのだが最近スペックの低さが気になるようになってきた
  • スペックアップを検討
  • 条件は
    • 必須:ファンレス、クロック1GHz以上、ビデオ出力有り(設置場所にはモニタが無く、TVで動作を確認したりするので)
    • 現状のパーツ流用するとして:パラレルIDE 2ch以上
  • となると、EPIA-CN10000EG かな

9月20日(日)

ONKYO ND-S1

9月11日(金)

9月10日(木)

iPod touch 64GB 発表

iPod touch 用ケース

9月6日(日)

8月29日(土)

えらぼーと

8月28日(金)

Subversion で SVNParentPath のプロジェクト一覧が表示できるようにする

8月23日(日)

8月19日(水)

m.twitter.com

8月4日(火)

Visual C++ におけるCランタイムライブラリのmalloc実装

これまで、Windowsアプリを作る場合、ほとんどメモリ確保に関しては malloc() を使ってきた。 Advanced Windowsを読んでいて、malloc() は実際どのような実装になっているか(どの関数を使ってヒープの確保をしているか)が気になった。

Visual C++(Visual Studio)のCランタイムライブラリのソースは、下記にある。

(2003の場合)

c:/Program Files/Microsoft Visual Studio .NET 2003/Vc7/crt/src

これを読む限り、HeapAlloc() で確保しているようだ。 移植性や保守性を考えると、いずれにしても直接 malloc() や HeapAlloc() をコールするのではなく、ラッパ関数を通して行うのがよいだろう(C言語の場合)。

6月25日(木)

ホーム・ディレクトリの同期や管理、どうしてる?

6月20日(土)

5月31日(日)

5月16日(土)

  • iTunes(iPod)用のジャケット画像をググっていたら発見。
  • ジャケット画像を見ているだけでも楽しい。結構持っているものあるな。。

5月9日(土)

XML Notepad 2007

4月22日(水)

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.1.1 (Org mode 8.2.10)