最終更新日: 2019-08-25 日 17:56
ホーム | 文書トップ | 目次

GitLab

Table of Contents

概要

GitLabについて。

CentOS 7 での使用事例。

配布元

インストール方法

下記を実行すると、スクリプトがダウンロード&実行され、yumのリポジトリ登録が行われる。

$ curl -s https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash

私の環境では上記の実行により /etc/yum.repos.d/gitlab_gitlab-ce.repo が生成されたようだ

[gitlab_gitlab-ce]
name=gitlab_gitlab-ce
baseurl=https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/el/7/$basearch
repo_gpgcheck=1
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/gpgkey
       https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/gpgkey/gitlab-gitlab-ce-3D645A26AB9FBD22.pub.gpg
sslverify=1
sslcacert=/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
metadata_expire=300

[gitlab_gitlab-ce-source]
name=gitlab_gitlab-ce-source
baseurl=https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/el/7/SRPMS
repo_gpgcheck=1
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/gpgkey
       https://packages.gitlab.com/gitlab/gitlab-ce/gpgkey/gitlab-gitlab-ce-3D645A26AB9FBD22.pub.gpg
sslverify=1
sslcacert=/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
metadata_expire=300

下記のように実行すると全てのバージョンのパッケージが表示される。

$ sudo yum --showduplicate list gitlab-ce
インストール済みパッケージ
gitlab-ce.x86_64                                                   11.6.5-ce.0.el7                                                      @gitlab_gitlab-ce
利用可能なパッケージ
gitlab-ce.x86_64                                                   7.10.0~omnibus-1                                                     gitlab_gitlab-ce
(略)
gitlab-ce.x86_64                                                   11.6.5-ce.0.el7                                                      gitlab_gitlab-ce

インストール

CentOS 7 にインストール。 通常のApache はそのままにしておき、GitLabは ポート 10080 で運用する前提。

アップデート

設定ファイル(/etc/gitlab/gitlab.rb)の最新は https://gitlab.com/gitlab-org/omnibus-gitlab/blob/11.7.0+ce.0/files/gitlab-config-template/gitlab.rb.template というような形で取得できる

運用

プラグイン等

参考

インストール

  • GitLab CE Omnibus のインストール - ダメ出し Blog
    • LDAP サーバーを認証バックエンドに利用する場合で、LDAP エントリの mail、email、userPrincipalName 属性のいずれの属性も持たない場合は temp-email-for-oauth-<ユーザー名>@gitlab.localhost になってしまうのを、任意のアドレスに設定するにするモンキーパッチの例がある
  • Gitlabのアップデート
    • yum –showduplicate list gitlab-ce とか

バックアップ設定

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 26.2 (Org mode 9.1.9)