最終更新日: 2018-09-26 水 22:39
ホーム | 文書トップ | 目次

Dry&Heavy

(99/11/1)

99年11月1日(月) Dry&Heavy (立教大学コモンホール)

初めてドラヘビのライブに行った。 最近行くライブは内田直之(ウッチー)さんの卓が多い。 LKJの時のリトルテンポ、あとこないだのタワーレコードでのこだまさんのインストアライブにしてもそう。 今回は大学でのライブということもあり、卓をやってるのをしっかりみることが出来て楽しかった・・・。

えーと。演奏に関しては。 どういう編成でライブをするのか知らなかったのだが、今回に関しては、ホーンなどはなくて、歌モノ中心であった。 インストは一曲だけだった。 基本的にインストで、たまに歌モノという感じかなと思っていたのだが。 そういう点で物足りなかったといえばそうだった。 ホーンも含めてどかーんとダブで来るのかと思っていたので。

ドラム、ナナオ氏に関してはストロークの大きいスネアの叩き方が印象的である。 だいたい数回に一回くらいの割合で(笑)深いリバーブがかかるので、そういう叩き方だと、人によってはすごいインパクトあるだろうな。 レゲエ(ダブ)のドラムといってもいろいろあるが、個人的にはスネアに関しては基本的にクローズリムとそのディレイ処理みたいに思っているので、基本的に普通のショット+リバーブというのは正直それだけだと飽きてしまった。

ベースは、音としては文句ないけど、フレーズ、ノリなどなんかもうひとつ足りないように感じてしまった。

全体として、歌モノ中心だったため、ということが大きいのだが、普通のレゲエ・ダブバンド、として感じられてしまった。 もちろん、「普通の」といっても現在、日本でそういうことをやっているバンドは数少ないが。 歌詞も英語なわけで、ただ昔の レゲエ・ダブが好きでそのままやってる、というように感じられてしまう。 ドラヘビはレコード聴いて、下手したらミュートビートより凄いかも、と思ってたのだが、このライブを観た限りではレゲエというジャンルに完全におさまってしまうため、ジャパニーズレゲエとして、レゲエを自分たちの中で消化して発達させた(させている)、ミュートや、リトテンや、 フィッシュマンズのライブのような感動がなかった・・・。

ホーンもいる、インストも いっぱいあるライブをまた観てみたいと思った。

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 26.2 (Org mode 9.1.9)