最終更新日: 2017-05-07 日 17:27
ホーム | 文書トップ | 目次

PC購入検討履歴

Table of Contents

概要

これまでのPC購入検討の履歴

検討材料

大昔(Pentium4あたりまでの世代か)は、単にCPUの動作周波数を基準にして選べばよかった。 だいたい周辺(メモリ、マザーボード、I/O)もそれに追従するので、どれだけコストをかけるかで性能が決まった。 また、古いものは明らかにスペックが低いので、中古を選ぶのは得策ではなかった。

しかし現在(2017年)では、CPUの動作周波数を基準にしては選ぶことができない。 コア数や、その他CPUの性能で動作周波数が同じでも性能が大きく異なる場合がある。 また、古いものでも、最新のPCによりも性能が高いことがあり得る。 中古でコストパフォーマンスが非常に高いものを購入することが可能になる。

私はベンチマークの類があまり好きではなかったのだが、こういった中で中古も含めてPC購入検討をする場合、購入の指標としてベンチマークを使用することは非常に有用である。

下記のページには2008年あたり以降のCPUのランクが記載された表があり、世代に依らず性能比較ができるので便利。

ただし、例えば、CPU内蔵Graphics性能も世代によって異なるので、そういった部分の考慮は必要になる。

なお、Passmark SOFTWAREの CPU Markの数値を使えばより詳細に比較できる。

http://www.cpubenchmark.net/cpu_list.php

用途別

ノートPC(Windows)

Linux用(自宅サーバ)PC

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)