最終更新日: 2017-03-31 金 10:39
ホーム | 文書トップ | 目次

PC購入検討(2017/01/08)

Table of Contents

概要

ノートPCの購入検討。

当初、MacBook Proを考えていたが、性能の割には、値段が高すぎる。

また、Windows も使いたいのだが、Bootcampにする為にストレージを確保しようとすると、さらに割高になる。

そして、結局のところ、Macを使いたい理由はそれほど無い。

そこで、Windows マシンを検討することにした。

Mac関連

要件

主な要件

主な要件は、

  • Core i5 or Core i7
  • SSD 256GB
  • Mackie ONYX 1220i とFirewire接続ができること
  • Windows 10 Professional

である。

FireWire

要は、「最近のスペックのマシンで、Firewire接続ができる」ということ。

ここで、近頃のPCでは、オンボードでFirewireを備えているもの無い。

現実的なのところとして、ExpressCard/34 スロットを備えるものに、FirewireのCardを挿すことを考えたのだが、

これまた、ExpressCard スロットを備えるPCがなかなか無い。

iiyama PC、ExpressCardスロットも備えたBTO対応スタンダードノート ユニットコム、ExpressCardスロット搭載の15.6型ノートPC

デスクトップPCの置き換えとして、ドッキングステーションを使うのは、(壊れそうで)避けたいということで却下してたが、これもありかも・・・?と思ったが、

完売していた。

Thunderbolt

本題に入ると、新型 MacBook Proでも搭載している Thunderbolt 3 がWindowsマシンでも採用されつつあり、Thunderbolt 経由でFirewire接続する方向で考え始めた。

上記はMac用だが、Windowsでも使用できるようなので。Thunderbolt 2への変換アダプタもセットになってしまうが。。

結論

実機も店頭に見に行き、購入しかけたのだが、

DELL XPS だと、15万〜20万くらいする上、Thunderbolt 3 に外付けで HDDやら、FireWireやら接続するオプションが必要になる。

そもそも、FireWire用に、Thunderbolt が必要なだけで、こんなコンパクト高性能ノートPCが欲しいわけではない。

ということで、これだけの予算をかけるのであれば、既存のPCを組み換え + 外部モニタ + 中古ノートPC を上手く見繕った方がよいと考えた。

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.1.1 (Org mode 8.2.10)