最終更新日: 2019-07-06 土 17:54
ホーム | 文書トップ | 目次

Crucial CT1000P1SSD8 導入 (メインデスクトップPC パーツ変更 201907)

Table of Contents

概要

2018年10月に導入したマザーボード ASUS H170I-PRO では M.2 スロットを備えている。

ストレージが容量不足になってきたことと、低価格化が進んできたことから M.2 NVMe SSDを導入。

購入したもの

それぞれ、\11,283、\563、\579 (2019/07/04)

実は、下記の通り、2TBでも3万切っており(2019/07/06現在で \29,800)、ヒートシンクを備え、更に高速、という商品もあり、一旦、こちらの購入を検討していた。

が、現在所有のマザーボードが裏面に M.2スロットを持っており、クリアランスや発熱の点で懸念があり、リスク回避の為、発熱が少なそうで、ヒートシンクを別で装着できる構成とした。

製品情報

なお、下記の通りマザーボードとの互換性の確認ができたので安心して購入できた

-Crucial P1 1TB 3D NAND NVMe PCIe M.2 SSD CT13073348 | H170-PRO | Crucial Japan

画像

パッケージ

ssd01.jpg

ラベル

ssd02.jpg

ヒートシンクを装着したところ。この時点でシリコンリングをだいぶ外側に配置しているが、この後もっと内側に寄せた

ssd03.jpg

シリコンシートはべっとりしていて良い感じ

ssd04.jpg

マザーボードに装着したところ。

ケース Lian-LI PC-Q11B に対しては、ちょうどシリコンリングがケースの底面に接触する位置であったが、無理な負荷がかかるほどではなかった

ssd05.jpg

ベンチマーク

ほぼメーカーのスペック値が出ている。これまで使っていたSATAのものに比べると Sequential R/W で4倍くらいの速さ。

CT1000P1SSD8

CDM_CT1000P1SSD8.jpg

CT240BX300SSD1

CDM_CT240BX300SSD1.jpg

その他

旧システムドライブ(Cドライブ)からは、Acronis Clone Disk にて同じ容量のままコピー。

旧システムドライブのデータは削除して、データディスクに転用。回復パーティション、システム パーティションは、PowerShell にて削除。

参考

  • M.2 NVMe と SATA どちらのSSDを選ぶべきか
    • コピー元が遅い場合は NVMe のメリットが少ないことは事実であり、あまり意識しないところ。とは言っても SATAとNVMeのどちらかを選ぶとしたら NVMeだろう
ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 26.2 (Org mode 9.1.9)