最終更新日: 2016-06-26 日 01:24
ホーム | 文書トップ | 目次

プログラミングWindows

Table of Contents

はじめに

  • Charles Petzold著 プログラミングWindows に関して の紹介、メモ
  • 2009年6月現在の最新は 第5版 (上/下)

Visual C++ でのプログラム(Win32API使用)の作り方

  • 上巻 1.3 最初のWindowsプログラム(P.37)参照
  • プロジェクトの作り方
    • [ファイル]-[新規作成]を開く
      • "プロジェクト"タブで、"Win32 Application"を選択
    • "位置"フィールドでディレクトリを指定
    • "プロジェクト名"フィールドにプロジェクト名を入力する
    • 新規にワークスペースを作成にチェック(デフォルト)
    • "プラットフォーム"で"Win32"にチェック(デフォルト)
    • "OK"ボタンを押す
    • "空のプロジェクト"を指定して、"終了"ボタンを押す。
    • (上記で"標準的な"Hello World!"アプリケーション"を指定すると、アイコン、メニューなどのリソースも作成された簡単なアプリケーションが作成される)
  • ファイルの追加の仕方
    • [ファイル]-[新規作成]を開く
      • "ファイル"タブで、ファイルの種類(例えば C++ ソースファイル)を選択する
      • "ファイル名"にファイル名を入力する
      • "OK"ボタンを押す
  • リソーススクリプトを追加する
    • [ファイル]-[新規作成]を開く
      • "ファイル"タブで、リソーススクリプトを選択する
      • "ファイル名"にファイル名を入力する
      • "OK"ボタンを押す
  • メニュー
    • [挿入]-[リソース]
      • "ファイル"タブで、ファイルの種類(例えば C++ ソースファイル)を選択する
      • "Menu"を選択する
      • "新規作成"ボタンを押す
        • &の直後のアルファベットが下線付きになる

メモ

  • WinMain関数の説明 - 1.3.4 プログラムのエントリポイント(上巻 P.40)
  • WNDCLASS のメンバ cbWndExtra に値をセットして、予備領域を使う方法 - 7.4.6 子ウィンドウを使ったCHECKER(上巻 P.337)
  • Windowsプログラミングにおいては、ハンドラとは、アプリケーションが何かを識別するために使う数値のことである。(結局、ポインタだろう)
  • メイクファイル(.mak)を生成するには、[ツール]-[オプション]を開き、"ビルド"のタブで"プロジェクトファイルの保存時にメイクファイルをエクスポート"にチェックする。
  • CreateWindowの子ウィンドウID引数は、通常はプログラムのメニューを指定するために使われているので、HMENU にキャストする。GetWindowLong( hwndchild, GWL_ID ) でidを取得。(上巻 P.404)
ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.1.1 (Org mode 8.2.10)