最終更新日: 2017-07-16 日 10:16
ホーム | 文書トップ | 目次

Python for windows

Table of Contents

はじめに

(2017.7.16) 私が最初にPythonを使うきっかけとなったのは、GNU GLOBAL(gtags)でPygmentsパーサーというものを使用して、Perlのタグジャンプを行いたかった為であった。

ビッグデータやディープラーニングが注目される中で、周辺の環境も含めて行列計算やグラフ化等がしやすいPythonが使用されることが多くなってきており、 私自身もnumpy、matplotlibを使ってみた。

また、コーディング環境として Jupyter Notebook というものがあることを知り、こちらも試し始めた。

ここでは主にWindows環境で使用する方法についてまとめている。

当初、単独でPython2をインストールし周辺のパッケージを追加して環境構築、

その後単独でPython3をインストールし周辺のパッケージを追加して環境構築していたが、

Jupyter Notebook を使うにあたって、前記のようなやり方だとだいぶ面倒に思われたので、Anaconda (Pythonに周辺のパッケージと合わせて提供しているディストリビューション)も使ってみた。

確かに一気にインストールできるという点では便利なのだが、PATHの扱い等、どうするかはまだ試行錯誤中。

環境

Anaconda

ライブラリ

PyQt

Jupyter Notebook

Pythonに含まれるコマンド

pip

pythonで現在の環境にインストールされているパッケージの一覧取得

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)