最終更新日: 2017-02-05 日 22:21
ホーム | 文書トップ | 目次

UNIXコマンド

Table of Contents

ユースケース:パッチの作り方

1つのソースコードに対するパッチを作成する

diff -up [オリジナルソース] [修正後ソース]

ディレクトリ以下のソースコードに対するパッチを作成する

diff -uprN [オリジナルソースディレクトリ] [修正後ソースディレクトリ]

ユースケース:ディレクトリごと圧縮してバックアップをとる

圧縮

%tar cv - hogehoge | gzip -c > hogehoge.tar.gz(hogehogeはディレクトリなど)

解凍

%gzip -cd hogehoge.tar.gz | tar xvf -

コマンド:find

ディレクトリを対象とする

/usr/bin/find . -type d

通常ファイルを対象とする。

/usr/bin/find . -type f

(lがシンボリック・リンク)

コマンド:rsync

使い方

rsync ソース ディスト
rsync ソース rsync://IPアドレス/ディレクトリ

オプション

通常は -av があればよさそうだ。

usbメモリにバックアップするシェルスクリプト

#!/bin/bash
/usr/bin/rsync -avo --delete /home/samba/ /mnt/usb_backup1/home/samba/

コマンド:scp

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.1.1 (Org mode 8.2.10)