最終更新日: 2019-03-02 土 21:26
ホーム | 文書トップ | 目次

UNIXコマンド

Table of Contents

ユースケース:シンボリックリンク

シンボリックリンクを削除する

rm でも削除できるが、間違ってリンク元を削除してしまうリスクがあるのでunlinkを使う方がよい

unlink 「リンク先」

シンボリックリンクを作成する

ln -s 「リンク元」「作成するリンク」
”ln に引数を1つだけ与えて実行すると,カレントディレクトリに指定したパスへのリンクを作成します.
たしかに,どのファイルへのリンクを作るかを指定しなければリンクは作れないので納得できます.
(中略)
lnには少なくとも1つの引数が必要であることを知ってから,次のような順番で考えてコマンドを入力するようになったので引数の順番を間違わなくなりました.
「シンボリックリンクを作ろう」「最低限,どこへのリンクかを指定しないといけないから...」

よって、第一引数は「リンク元である」なるほど!

ユースケース:パッチの作り方

1つのソースコードに対するパッチを作成する

diff -up [オリジナルソース] [修正後ソース]

ディレクトリ以下のソースコードに対するパッチを作成する

diff -uprN [オリジナルソースディレクトリ] [修正後ソースディレクトリ]

ユースケース:ディレクトリごと圧縮してバックアップをとる

圧縮

%tar cv - hogehoge | gzip -c > hogehoge.tar.gz(hogehogeはディレクトリなど)

解凍

%gzip -cd hogehoge.tar.gz | tar xvf -

ユースケース:メモリ占有率TOP10を表示する

ps/sort/head コマンドにて

ps -e aux | sort -r -k 4 | head -n 10

コマンド:find

ディレクトリを対象とする

/usr/bin/find . -type d

通常ファイルを対象とする。

/usr/bin/find . -type f

(lがシンボリック・リンク)

コマンド:rsync

使い方

rsync ソース ディスト
rsync ソース rsync://IPアドレス/ディレクトリ

オプション

通常は -av があればよさそうだ。

usbメモリにバックアップするシェルスクリプト

#!/bin/bash
/usr/bin/rsync -avo --delete /home/samba/ /mnt/usb_backup1/home/samba/

コマンド:scp

コマンド:wc

使い方

行数のみ集計

wc -l
ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 26.2 (Org mode 9.1.9)