最終更新日: 2019-02-02 土 15:11
ホーム | 文書トップ | 目次

Windows 署名なしドライバをインストールできるようにする方法

Table of Contents

署名なしドライバのインストール

UEFIのセキュアブートを無効にする

BIOSで設定する。

”セキュアブートの状態:有効”と表示された部分は文字がグレーアウトされており、「セキュアブートを無効にする」の仕方がわかりにくかったのだが、

要は、OSタイプで「非UEFIモード」を選択すればよい。

テストモードにする

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、入力する

bcdedit /set TESTSIGNING ON

なお、ここで前述のUEFIのセキュアブートが有効になっていると下記のエラーが発生する

要素データ設定中にエラーが発生しました。
この値はセキュアブートポリシーによって保護されているため、変更 または削除できません。

これを行ってからOSを再起動するとデスクトップ右下に「テスト モード」の表示がされる

「ドライバー署名の強制」を無効化する

※↓これをやらずとも、署名なしドライバのインストールを実行して、インストールするか否かのダイアログボックスで選択してできるかも

  • まずスタートボタンを押し、「設定」を選択
    • スタートボタンを押し、「設定」を選択
    • 「設定」画面が開いたら「更新とセキュリティ」を選択
  • 設定画面が開いたら、「回復」タブを選択
    • 右欄の「PCの起動をカスタマイズする」から、「今すぐ再起動する」
      • 「オプションの選択」画面
        • 次に「トラブルシューティング」画面
        • ここで「詳細オプション」を選択
        • 「スタートアップ設定」を選択
        • 「再起動」を選択
        • ここで再起動。再起動後にもう一度「スタートアップ設定」が登場
    • PC再起動後の「スタートアップ設定」画面
      • ドライバ署名の強制を無効化したい場合はキーボードの「7」を押す

設定を元に戻す

ドライバインストール完了後は設定を元に戻せる。

テストモードを解除する

元に戻す方法

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

UEFIのセキュアブートを無効にする

BIOSで設定する。

OSタイプで「Windows UEFIモード」を選択すればよい。

参考

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 26.2 (Org mode 9.1.9)