最終更新日: 2016-06-26 日 01:23
ホーム | 文書トップ | 目次

gcc

Table of Contents

リンク関連

注意点

リンクの順番には依存性があり、あるオブジェクトが静的 ライブラリ内の関数を呼び出すときには呼び出される側の ライブラリは「後で」リンクする必要がある。

とのこと。.o、.aに関してもそうだが、-lなんとかで指摘ライブラリをリンクする場合も同様である。

静的ライブラリ

知識

gccで使われる静的ライブラリは、オブジェクトファイルをarでアーカイブしたもの

下記は、オブジェクトファイル static-library.o を、libstatic.a とする場合のコマンドラインの例。

ar r libstatic.a static-library.o

ファイル名の命名規則は lib + 名前 拡張子 .a とする。

リンク時は -l オプションで名前を指定する。

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)