最終更新日: 2016-10-05 水 22:15
ホーム | 文書トップ | 目次

GNU GLOBAL(gtags) by Cygwin Compile

Table of Contents

注意

  • 下記の内容は参考の為に残している。
  • 2007年5月現在では、Jason Hood氏が提供しているWin32用バイナリを使用することをお奨めする。

Windows環境でのコンパイル&使用

  • ソースは、cygwin環境 こちらを参照 でコンパイル可能。
  • ただし、cygwinでコンパイルしたものは cygwin DLLに依存する為、cygwin環境がないと動作しない。
  • また、cygwin-mount.el(後述)を使用しないと正常に動作しない。
  • cygwin でgcc,make等が入っていれば、ソースをダウンロードして、makeでインストールできる。
  • (例)global-4.8.2.tar.gz をダウンロードし、適当なディレクトリに保存
  • ここでは一時的に、C:\usr\global\4.8.2 下にインストールすることにしている
gzip -cd global-4.8.2.tar.gz | tar xvf -
cd global-4.8.2
./configure --prefix=/cygdrive/c/usr/global/4.8.2
make
make install
  • この後、
  • C:\usr\global\bin 以下に C:\usr\global\4.8.2\bin の .exe ファイルを全部コピーし、
  • windowsの環境変数PATH に C:\usr\global\bin を加えて、PCを再起動。
    • (Windows XPでは設定がすぐに反映されるので不要?)
  • Meadowの site-lisp ディレクトリに C:\usr\global\4.8.2\share\gtags\gtags.el をコピー。
  • .emacs にgtags.elの設定をする。(設定例は後述)
  • また、http://www.emacswiki.org/elisp/ より、cygwin-mount.elをダウンロードし、これもsite-lispに入れておく。(設定例は後述)
  • ※上記のようにしなくとも、–prefixオプションをつけずに configure した場合は、cygwinの /usr/local 以下にインストールされるので、
  • そのままインストールし、cygwin の /usr/local/bin(例: C:\cygwin\usr\local\bin) にPATHを通す、でも問題ないはず。
  • ※4.8.1以前のversionではcygwin(GNU)の sed.exe,sort.exe を使用していた為、windowsの sortコマンドと共存させる為、注意が必要であったが、
  • 4.8.2以降からはこれらのコマンドに依存しなくなり(というか、sort.exe を gnusort.exe として同梱することで回避したようだ。)、
  • これにより、PATHだけ通しておけばよい。
  • ※cygwin-mount.el を使用しないと、ファイルにジャンプした際にパス名の展開に失敗し、" Use C-u M-x make-directory RET RET to create directory and its parents" 等のメッセージが表示されてしまう。
ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)