GNU Emacs 25.3 リリース

2017年9月11日、GNU Emacs 25.3 がリリースされた。

”悪意のある任意のLispコードを実行可能な脆弱性の修正”の緊急リリースとのこと。

https://www.gnu.org/software/emacs/

https://www.gnu.org/software/emacs/news/NEWS.25.3

ビルドしました。

http://cha.la.coocan.jp/doc/NTEmacs.html

「日本語入力切り替え(IME ON)時、インライン入力ができるように最低限のソースコード変更をしてビルドしたもの」は上記からダウンロードできます。

セキュアMP3/SD-Jukebox

1年以上前の話ではあるのだが、中古車を購入したところ、SDカードでmp3が聴けず、SD-Jukeboxというアプリを使い、セキュアMP3なるフォーマットでSDカードにデータを転送する方法を調査。

いろいろと工夫して、仮想PC環境を用いることで Windows10 PCでSD-Jukeboxが使用可能になったので、できるだけやり方を詳細にまとめたかった。なんとか、それなりのレベルにまとめ切った。

セキュアMP3への長い道のり(Windows10でSD-Jukeboxを使う)

Oracle VirtualBox

・・・がそうしているうちに、既に SD-Jukebox は 2016年9月30日に販売中止、ユーザサポートも2017年末頃に終了予定、著作権保護対応の SDカードリーダライタ (最後の製品はおそらくBN-SDCMP3) も生産終了。できれば、こんなものを使用しないくてもよい再生環境にするのが一番よいと思う。

Cornelius / あなたがいるなら

やっと本日届いた。

7インチに惹かれて、発売を知ってすぐに注文しようとしたもののその時点(3月かな)でAmazonやらオンラインレコードで予約終了になっていた。

その後、Amazonでキャンセルが出たのか、一瞬定価で買えるタイミングがあったので注文。しかし結局発売日には届かず。理由はよくわからないが。ちなみに左上のところが若干折れていた。気にしないけど。

昼間のうるさい時間にちょっとかけたところ、A面(あなたがいるなら)はリズムが合っているのか合っていないのかよくわからない曲だな、と思ったのだが、夜の静かな時間にじっくり聴いて納得。スローテンポなバラードだが、リズムは16分(音符)のシンコペーションで組み立ててあり、なんとも味わいがある。まだまだ聴き込む余地がたっぷり。ここへ来てもさらに新しい音楽を追求する姿勢には脱帽です。

なんだか歌い方が、Eclectic以降の小沢健二に近い、艶やかな感じを出していて興味深い。向こうの最近のリリース(流動体について)は7インチ型ケースのCDであったが、このあたりもシンクロしているとこがある。それは、昔からですがね。

最近、7インチをよく聴いているので、最初に何回転かチェックする癖がついている。そこへ来てこの7インチは特徴があって、A面は33回転、B面(Helix/Spiral)は、45回転となっている。もしかすると、33回転でも聴けるように考えているのかな、と思った。確かに、33回転にすると、低音がいい感じになり、さらに曲のサイズが若干長めになって、これはこれで楽しめる。エレピなんかは、回転数が違っている感じでなく、普通に演奏しているように聞こえる。

届く前からジャケットの写真が、どうもMassive AttackのMEZANINE に見えるんだよなあ、と思っていて、自分だけかと思っていたが、並べてみると似てますね。というか明らかにパロディですね。久しぶりにこちらも聴いてみよう。

GNU Emacs 25.2 リリース

2017年4月21日、GNU Emacs 25.2 リリースされた。
主にバグ修正。

https://www.gnu.org/software/emacs/

https://www.gnu.org/software/emacs/news/NEWS.25.2

早速ビルドです。

http://cha.la.coocan.jp/doc/NTEmacs.html

いつもの、「日本語入力切り替え(IME ON)時、インライン入力ができるように最低限のソースコード変更をしてビルドしたもの」は下記からダウンロードできます。

http://cha.la.coocan.jp/files/emacs-25.2-simple_ime-no_symbol.zip

続 Windows Creators Update

早速メインのPCに適用。結局ISOイメージをマウントして setup.exe を実行しアップデート。バージョン1703、OSビルド 15063.13 となった。

テストモード表示だと Build 15063.rs2_release.170317-1834 と出ている。

気づいたところ。

  1. IMEの切り替え時に、画面の真ん中に比較的大きめのアイコンで「A」とか「あ」が表示される。便利といえば便利だが、なかなかにうざったい。
  2. Windows Defender がデフォルトで有効化されたように見える
  3. Cドライブの空き容量がかなり減る

1,2に関しては一旦放置。3.に関しては 128GBのSSDに対して空きが10GBを切ってしまったので古いWindowsを削除する。(どうせ戻すことはないし)

[コントロールパネル] – [管理ツール] – [ディスク クリーンアップ] を”管理者として実行”でCドライブを指定。

以前のバージョンのWindowsに関連する項目にチェックして実行。おそらく15GBくらいは削減できた。

◆参考ページ

http://news.mynavi.jp/column/win10tips/107/

Windows10 Creators Update

Windows10 Creators Updateの記事が出始めてきている。

勝手にアップデートされてしまうよりは、やりたいところでやっておきたいので、ISOイメージをダウンロードしてみる。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

先日、バージョン1607(Anniversary Update)の更新に失敗するマシンがあった為、上記ページからISOイメージをダウンロードする段取りは知っていた。

以前、Windowsからメディア作成ツール(MediaCreationTool)を使用したこともあったが最初からISOイメージをダウンロードする方がシンプルでわかりやすい。

最近使っている(この投稿を作成するのにも使っている)CentOSのChromeからダウンロード。

◆参考ページ

Windows 10 バージョン1607へのUSBメモリーまたはISOファイルでのアップデート

http://solomon-review.net/windows10-update-to-v1607-by-usb-or-iso/

 

WordPress始めました。

2004年自宅サーバにMovableTypeを導入、

http://cha.la.coocan.jp/blog/archives/2004/11/blog-1.html

その後、2007年に自宅サーバからLaCoocanに引越し。

http://cha.la.coocan.jp/blog/archives/2007/09/post-23.html

2009年以降は更新がぱったり止まり、2013年にMovableType 6.01にバージョンアップしたものの、やはりその後も更新はしていなかった。専ら、Emacsのemacs-muse、その後org-modeでブログ的な更新は行っていたものの、最近読んでいる本の影響もあり、WordPressも使用してみることにした。

2004年あたりの時点でもMovableTypeとWordPressは両方存在していたが、圧倒的にMovableTypeが主流だったはず。今回導入するにあたって軽く調べてみたところ、もはやWordPress一色の雰囲気に見えた。最寄の紀伊國屋書店でも関連書籍多し。

これは、MovableTypeがサイトを再構築して静的にコンテンツを提供する形式だったのが、その時点でのサーバ環境には最適であり、現在(2017年)では、動的にコンテンツを提供するWordPressが最適であるということなのだろうか。その辺りもいずれ裏付けしてみたい。

WordPressはLaCoocanからクリックだけでインストールができ、バージョンアップ、テーマの更新もWeb管理画面からクリックだけでできる。やはり隔世の感がある。

◆若干参考にしたページ

WORDPRESS超初心者講座

http://wp-exp.com/blog/prepared-first/