Cubaseで音が途切れる

久しぶりにCubaseでWavデータを取り込んで再生していたところ、音が途切れる現象が多発。考えてみればつい最近、オーディオI/FをMACKIE ONYX 1220iからSteinberg UR242に変更している。一度、以前作成した曲を再生して軽く確認はしていたものの、今回は(子供の)吹奏楽の曲を聴いていたので途切れるのが目立って気付いたと思われる。

結論から言うと、「CPUの熱が上がりすぎたこと」によるものだったようだ。

昨年構成を大幅に入れ替えした自作PCでは、CPUファンが少しうるさかったので、BIOS設定で自動でファン速度を調整するようにしていた。頻繁にファンが変速している状況になっていたのだが、温度冷却が間に合わないタイミングで処理が途切れる状態になったと推測。

VSTパフォーマンス CPU使用率を確認

その後のWin10環境でのCubase作動状況について~その後

上記のページの記載がヒントになった。Cubaseの”VSTパフォーマンス”をチェック。処理の負荷も上がっていない(ほぼidleに近い状態)でも、突然”average load”と”real-time peak”に赤色がつく状態になっていた。

 

結論に行きつくまでの流れとしては、

ASIOドライバのBuffer Sizeを大きくとる。→1024 Samplesにしても改善せず。

「ASIO-Guardを有効化」のチェックを外す。→改善せず

コントロールパネル>システムとセキュリティ>電源オプション、でプランを”バランス(推奨)”から”高パフォーマンス”に変更 → 多少効果があったが改善せず

としたところで、マザーボードに対応した温度モニタでCPU温度を確認したところ、50℃を超えた状態になっていた。試しに、BIOSからCPUファン速度を常にフルで回転するような設定にしたところ、しばらくは同現象が発生していたが、温度が徐々に下がるにつれて改善した。

というような感じ。

そもそも、CPUは Core i7-6700T でそこそこ性能が高いものなので、WAVデータほぼそのまま再生しているような状態でpeakが点灯するなんておかしいのである。ちなみに、確かに、ONYX 1220iでも音が途切れる現象は多少発生していたので気になってはいたが、原因がわからずじまい。もしかするとFireWireなので多少許容度は高かったのかもしれない。

ちなみに、ASIOドライバのBuffer Sizeを最小の32 Samplesにして、CPU負荷が高い状況にしてしばらくオーディオの再生を行っていると、real-time peak はそうそうMaxに行くことはないが、CPU温度が53℃くらいまで上がってやはり時々赤点灯が発生。低消費電力版のCore i7-6700Tということで大丈夫かと思っていたが、やはりCPUファンの変更等、PCの冷却環境の改善は必要そうだ。

KORG volca sample

昨年あたりから「自分好みの音色で気軽にリズムパターンを組みたい」ということで、TR-08やらMPC500やら・・・と購入検討していたのがやっと決着。

KORG volca sampleである。

 

商品自体は知っていたが、サンプルを差し替えられる、という認識が無かった(だってメモリカードも無いんだからそう思わないよね)。

SYNC IN経由でサンプルが差し替えられて、RolandのTRシリーズライクにパターンを組めるとなると、「自分好みの音色で気軽にリズムパターンを組みたい」という目的に対しては十分満たせると気付いた。

そして、なんといっても価格である。新品でも1万円台前半で買えるというのはよい。中古価格もそれほど安くないので、今回はサウンドハウスさんから新品で買いました。しばらく在庫が切れていたのでウォッチしていたのだが6/12に入荷したようで即ポチリ。

私としては、元々考えていた、電池駆動可能、というのももちろん、”SWING”がいじれるのもポイントが高い。TR-08(TR-808)がよかったのもこの調整ができるから。自分の好きな曲はハネているものが多いので。

まだ使い始めたばかりだが、本当にイイですね。これさえあればなんでもできるのでは?と思えてしまう。(そういう気持ちになれることが大事。こんな風に感じたのは、QY70買ったとき以来かな)

早速iPhone(AudioPocket)で録音して転送してみたが、なんとこれ、装置側は受信準備をしなくても、データ(音)を入力するとそのまま受信し始めるのね。このあたりの手軽さというのも素晴らしい。

SDK、サンプル管理アプリ、MIDI OUT改造等、おもしろそうなものが沢山・・・

今後、下記にいろいろまとめようと思う。

http://cha.la.coocan.jp/doc/KorgVolcaSample.html

GNU Emacs 26.1 リリース

2018年5月28日、GNU Emacs 26.1 がリリースされた。

  • Limited form of concurrency with Lisp threads
  • Support for optional display of line numbers in the buffer
  • Emacs now uses double buffering to reduce flicker on the X Window System
  • Flymake has been completely redesigned
  • TRAMP has a new connection method for Google Drive
  • New single-line horizontal scrolling mode
  • A systemd user unit file is provided
  • Support for 24-bit colors on capable text terminals

https://www.gnu.org/software/emacs/

https://www.gnu.org/software/emacs/news/NEWS.26.1

いつものようにビルドした。

「日本語入力切り替え(IME ON)時、インライン入力ができるように最低限のソースコード変更をしてビルドしたもの」を下記に置いている。

http://cha.la.coocan.jp/doc/NTEmacs.html

 

音楽制作環境検討(その3)

続き。全ては表せないのだが、考慮したのは下記の表にような項目。

機種名 ASIO MIDI DSP 電池駆動 USBバスパワー iPad対応 発売 参考価格
iRig Pro DUO × × 2015/11 ¥22,993
PreSonus AudioBox iTwo × × 2014/10 ¥17,517
LINE6 SONIC PORT VX × × × 2014/10 ¥18,144
FOCUSRITE Scarlett 2i4 G2 × × × 2016/06 ¥23,544
Mackie Onyx Producer 2・2 × × × 2018/03 ¥18,144
TASCAM US-2×2 × × 2014/09 ¥15,120
ZOOM UAC-2 × × 2015/04 ¥22,777
Roland DUO-CAPTURE EX (UA-22) × 2012/12 (中古 約¥8,000)
Roland Rubix22 × × 2017/07 ¥17,820
Steinberg UR22mkII × × 2015/11 ¥13,100
Steinberg UR242 × × 2015/03 ¥20,498
Steinberg UR-RT2 × × 2018/04 ¥41,796

前回までの記事に無いものとして、UR242を追加している。参考価格は本日付けのサウンドハウスの税込価格。

結局決め手となったのは、SteinbergのDSPである。

  • レイテンシーフリーの DSP モニタリングエフェクト: Sweet Spot Morphing Channel Strip / REV-X Reverb / Guitar Amp Classics
  • dspMixFx ミキサーアプリケーション: Windows / macOS / iOS 対応

ギターを弾くときにGuitar Amp Classicsがレイテンシーフリーでかけられることや、Sweet Spot Morphing Channel Strip でのコンプ/EQは非常に使いやすそうで魅力を感じた。

そこで、Neveトランスを搭載した最新のUR-RT2がよかったのだが、いかんせん値段が高く、踏み切れなかった。(値段だけ使いきれればいいのだが、現状、これに費やす時間と自分のスキルを考えるとそうは思えず)

そこで、Neveトランス以外だったらほぼ同等のUR242に決定した。2015年発売というところが気にはなったが、それを逆手に取り、中古を狙ってみた。ちょうどヤフオクでよさげなものが出たので、それを購入してしまった。

ヤマハ/Steinbergさん、すいません。ですが一応私、SOL2→Cubase Studio4→6→7→7.5→8.5→9 とバージョンアップ購入し続けている優良?ユーザなので許してください。

Dexed

下記も素晴らしい。

Dexed

GitHubのTODOには、

  • Yamaha 4 operators (DX21/DX27/DX100) sysex import

とあるが、こちらが実現されるとよいなあ。

音楽制作環境検討(その2)

(続き)

前から欲しいとは思っていた、iPad/PC/Macで使える、Mic/Line/Hiz入力ができる、Audio&MIDI I/Fが気になり始め、

iRig ProDuo

IK Multimedia iRig Pro DUO

かなあと。ポイントはコンパクトで電池駆動ができるところ。ただ、PC接続時はWASAPIということでASIOネイティブではない。でもしばらくこれかなあと思っていたのだが、いざ買おうかというところで気になったのは、スイッチとして、Hi-ZとLineの切り替えが無いところ。なんとなくキーボード等の入力も問題なさそうに見えるのだが、スペックとしては、

  • Instrument Input Impedance: 1 MOhms

という記述になっており、明らかにHi-Zのみなので、これは対象外。で、他を検討し始める。

これはだいぶ前に購入を考えていたもの

PreSonus AudioBox iTwo

イイ感じなんだけどMIDIが無いので対象外

LINE6 SONIC PORT VX

正直、これでいいんじゃないかと思いつつ、どうしても中古で買うのがためらわれていたもの。電池駆動可能という点で、差別化されているのだが、古いのがどうしても気になる。

DUO-CAPTURE EX USB Audio Interface [UA-22]

見た目もカッコよく、PC/Macに対してはよさそうなのだが、残念ながらiPadは非対応。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i4 G2

そして昔からのMACKIE.ファンなのに気付いていなかった。2018年3月1日発売ということでかなり新しい、

Mackie Onyx Producer 2・2

ただ・・・これもiPad非対応。正直、MACKIE.ファンなので、これがiPad対応だったら購入したかも。

次は、安っちくてなんか惹かれない印象の、

Steinberg UR22mkII

続いて、これもよさそうではある

TASCAM US-2×2

さらに続く。

USB 3.0対応でレイテンシーが非常によいという。また個人的には見た目も気に入った、

ZOOM UAC-2

これにもだいぶ傾きかけたが決断できず。

ちなみに、現在使用中の Mackie ONYX 1220i のレイテンシーも

Latency Test Utility

で測定したがそれなりによい結果となった。

もうここまでいろいろ見てくると、

Roland Rubix22

も選択肢に入るな、と思い始め、でもやっぱりできるだけ新しい製品がいいよな、ということでふと気づく。先ほど「安っちい」と言っていたURシリーズの兄弟。

Steinberg UR-RT2

新しさで言うと、こちらが一番新しい。2018年4月24日。発売。ほやほや。そしてやっぱり気になるのは値段。4万超え。とにかく、最初の?TR-08と比べれば(本当は比べる対象ではないが・・・)、いろいろと使えるのには間違いないのだが、やっぱり購入に踏み切れず。というところでここしばらく悶々としている。

さらに続く。

音楽制作環境検討

音楽制作環境について、ここ最近考えていたことの整理。

まず、昨年あたりから欲しくなっていたもの。

Roland TR-08

楽器屋に見に行ったりもしたのだが、なかなか購入に踏み切れず。

購入に踏み切れない一番の理由は、値段が高く感じているから。ヤフオクでも4万くらいの値は付く。3万くらいだったら、ポチリとしてしまいそう。結局、自分の用途、使用頻度に対してそれだけの値段の価値があると思えれば決断できるのだが。

私の創作の基本としては、チープなリズムボックス系の音色でリズムを組みたい。元々、Novation DrumStation Rackは持っており、こいつは音色をツマミでいじれるし、パラアウトも持っていて便利なのだが、アナログミキサーで扱うのはチャンネル数も必要だし、DAWにいちいち録音するのも面倒。あと、できればいちいちDAWを立ち上げずともリズムパターンを組みたいとも思っている。そんなわけで、TR-08は単体でリズムを組めるし、USB経由で10パラアウトが出せるので、用途としてはいいかなあと。

TR-08の文脈からは逸れるのだが、そんな中でたまたまヤフオクで見つけた YAMAHA CS01を購入。これはレゲエでは定番のシンセなので「なんとなく」というレベルで欲しかったものである。出品されていたのはMIDI改造されていて、かつ、ブラックモデルでかなりカッコよかったので欲しいのレベルが「なんとなく」から「絶対」に上がってしまい、通常モデルの+1万くらいだったが買ってしまった。(限りなく衝動買いに近いが全然後悔しておらず満足。まあ値段も安いしね)

DX100とCS01のレゲエセットでなんかつくるんだったら、リズムだけでなく、単体でサンプリングできる機材がいいかもなあと思ってしまい(ちなみに、自分の頭の中では、単体とPCベースどっちがいいか?はここ10数年なんども行き来している)、近年、電池駆動できる機材しか購入していないこともあり、今更だが、AKAI MPC500はどうか?と。実際、リズム用+αということであれば悪くないとは思う。

MPC500のマニュアルを見たいなとメーカーサイトを見ていたら、昨年、MPC LIVEなるものが発売されていたことを知る。もしかしてこれが自分が求めていたものか?と思えてきて、MPC LIVEのマニュアルも見ていたのだが(ちなみに最近、製品購入検討する場合には、マニュアルを先に見て考える、ということがよくある)、やはりなんかピンと来ないのだな・・・。とは言っても使ってみないとわからないとは思うのだが、こいつもやはり値段が結構する(10万)ことも大きい。MPC LIVEは実質的にはPCである。この値段だったらノートPC(Mac Book Proの中古とか)買った方がいいんでは、と考えてしまう。専用ハードというのは、それしかできない、というのがメリットでありデメリットであり。ちなみに同様の機材だと、Electron Octatrackもある(これはエマソロでエマーソン北村さんが使用していた)。最近 Octatrack MKIIも出ている。

で、PCまたは、iPadでサンプラー/ドラムマシンが実現できるものが無いか、という方に思考が移り。iMPCとかのアプリを使いiPadで自分用のキットを作成することも踏まえ、とりあえずPC上でサンプルを組むことにした。最初は、所有しているCubase 9 のサンプラートラックを使ってみようとしたが、こちらはピンポイントでサンプルを使う用途のように見えた。私としては有料でもいいので使いやすいサンプラーソフトが無いかと思って探してみたところ、フリーにもかかわらずよさそうなものが見つかった。

TX16Wx Software Sampler

使ってみると、なかなかに使いやすい。商用の、大容量サンプルで商品性を出そうとしているものとは異なり、往年のハードサンプラーTX16Wをベースに(といっても私は使ったことが無いのでわからないのだが)、基本機能に特化し、フィルター、EGで音作りをしていくものになっているようだ。TR-808やTR-909やCR-78のフリー配布のサンプルを配置してドラムパターンを組んでみる。すると、Bank/Performance/Channel Slots/Program/Group/Split/Wave という構成(マニュアルには Sound Architectureと記載されている)がよくできていて、パラアウトの構成を含めると、今まで困っていたことがかなり解決しそうな勢い。具体的に言うと、例えば、Programとして、TR-808や、TR-909を作成し、これを含めたPerformanceを作成する。そして、Programに寄らず、Kickはパラアウトの1、Snareはパラアウトの2、Hi-Hatはパラアウトの3にアサインする。DAW(Cubase)のInsutrumentトラックとしてはKick/Snare/Hi-Hatを同じトラックで打ち込むことができる一方、アウトプットとしてはそれぞれのトラックを分け、フェーダーやエフェクトを個別に調整することができる。うーん。最高。

ここで気付いたのは、制作環境という視点でなく、個人的な創作の視点で言うと、ドラムパターンを組んでしっくりくるのは、TR-808でなく、CR-78。(話としては当初の、TR-08から始まったところにちょっと戻る)

そうか・・・自分が求めていたのはこの音だったと今更気付く。Bob Marley&The WailersやSly&The Family StoneやPhil Collinsや、ピアニカ前田さんや、Hicksvilleやら・・・。本当にCR-78の音はしっくりくる。CR-78欲しいな・・・CR-68か・・・?ということで一旦ここまで。

YAMAHA DX100

昨年入手したものである。

一昨年エマソロ(エマーソン北村さんのライブ)を観に行ったこともあるが、そもそも高校時代(90年代)に地元の楽器屋のショーウィンドウ越しに長らく置かれていて(確か値札は55,800円だった)、欲しいなあと思っていたものだった。

ネットに転がっている音色をいろいろと試してみようとしたがフリーの音色エディタで使いやすそうなものが見つからず、自作してみることに。

DX100Editor

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se516513.html

http://cha.la.coocan.jp/soft/dx100editor.html

1年近くかかって、Ver2.00でやっと実用に耐えるレベルになった。

Ver1.00はシステムエクスクルーシブデータのVOICE DATA (VMEM format)、VOICE PARAMETERS (VCED format)をパラメータ番号順に並べてデータ送受信、VCEDフォーマットの編集ができるようにしたもの。できた~!と思って公開した。

いざ自分でボイスデータを編集しようとしたところ使いにくいのなんの。更にはOP3とOP2の表記も逆というバグもあり(元々のフォーマットがOP4,OP2,OP3,OP1の順になっていることに気付かず)。ということで、ちゃんとマニュアルの”VOICE/FUNCTION DATA”の形式に合うように、GUIを作り直した。データフォーマットはDX21側が上位互換となっているので、実際にはDX21に合わせる結果となった。

GUIを設計してみると、自然とDXのボイスパラメータがどのように構成されているかがわかってきた。そうすると、更に、実機のボタン構成が非常によくできていることに気付いた。

16個(DX27/DX100) or 24個(DX21)のボタンは、もちろん音色をワンタッチで選べるという目的もあるが、音色のパラメータも、わかりやすいようにうまく配置してある。基本的にはDX21はPEG(PITCH ENVELOPE GENERATOR)がある分、ボタンが多いということになっている。いや見事です。さすが、世界初のフルデジタルシンセサイザーのDXシリーズである。

DX100Editor Ver2.00は結果的にDX100だけでなく、DX27/DX21でも使えるソフトになった。どちらかといえばDX21用であり、DX27/DX100でも使えますよ、という仕様である。(DX27/DX100で使う場合は使えないパラメータを意識する必要がある)

入手して1年近く経って、やっと音色をいろいろと試して自作曲に使えそうなものをピックアップし始めた(笑)。私は昔からどうしても環境を構築するところに行ってしまうのである。

GNU Emacs 25.3 リリース

2017年9月11日、GNU Emacs 25.3 がリリースされた。

”悪意のある任意のLispコードを実行可能な脆弱性の修正”の緊急リリースとのこと。

https://www.gnu.org/software/emacs/

https://www.gnu.org/software/emacs/news/NEWS.25.3

ビルドしました。

http://cha.la.coocan.jp/doc/NTEmacs.html

「日本語入力切り替え(IME ON)時、インライン入力ができるように最低限のソースコード変更をしてビルドしたもの」は上記からダウンロードできます。

セキュアMP3/SD-Jukebox

1年以上前の話ではあるのだが、中古車を購入したところ、SDカードでmp3が聴けず、SD-Jukeboxというアプリを使い、セキュアMP3なるフォーマットでSDカードにデータを転送する方法を調査。

いろいろと工夫して、仮想PC環境を用いることで Windows10 PCでSD-Jukeboxが使用可能になったので、できるだけやり方を詳細にまとめたかった。なんとか、それなりのレベルにまとめ切った。

セキュアMP3への長い道のり(Windows10でSD-Jukeboxを使う)

Oracle VirtualBox

・・・がそうしているうちに、既に SD-Jukebox は 2016年9月30日に販売中止、ユーザサポートも2017年末頃に終了予定、著作権保護対応の SDカードリーダライタ (最後の製品はおそらくBN-SDCMP3) も生産終了。できれば、こんなものを使用しないくてもよい再生環境にするのが一番よいと思う。