Cornelius / あなたがいるなら

やっと本日届いた。

7インチに惹かれて、発売を知ってすぐに注文しようとしたもののその時点(3月かな)でAmazonやらオンラインレコードで予約終了になっていた。

その後、Amazonでキャンセルが出たのか、一瞬定価で買えるタイミングがあったので注文。しかし結局発売日には届かず。理由はよくわからないが。ちなみに左上のところが若干折れていた。気にしないけど。

昼間のうるさい時間にちょっとかけたところ、A面(あなたがいるなら)はリズムが合っているのか合っていないのかよくわからない曲だな、と思ったのだが、夜の静かな時間にじっくり聴いて納得。スローテンポなバラードだが、リズムは16分(音符)のシンコペーションで組み立ててあり、なんとも味わいがある。まだまだ聴き込む余地がたっぷり。ここへ来てもさらに新しい音楽を追求する姿勢には脱帽です。

なんだか歌い方が、Eclectic以降の小沢健二に近い、艶やかな感じを出していて興味深い。向こうの最近のリリース(流動体について)は7インチ型ケースのCDであったが、このあたりもシンクロしているとこがある。それは、昔からですがね。

最近、7インチをよく聴いているので、最初に何回転かチェックする癖がついている。そこへ来てこの7インチは特徴があって、A面は33回転、B面(Helix/Spiral)は、45回転となっている。もしかすると、33回転でも聴けるように考えているのかな、と思った。確かに、33回転にすると、低音がいい感じになり、さらに曲のサイズが若干長めになって、これはこれで楽しめる。エレピなんかは、回転数が違っている感じでなく、普通に演奏しているように聞こえる。

届く前からジャケットの写真が、どうもMassive AttackのMEZANINE に見えるんだよなあ、と思っていて、自分だけかと思っていたが、並べてみると似てますね。というか明らかにパロディですね。久しぶりにこちらも聴いてみよう。