YAMAHA DX100

昨年入手したものである。

一昨年エマソロ(エマーソン北村さんのライブ)を観に行ったこともあるが、そもそも高校時代(90年代)に地元の楽器屋のショーウィンドウ越しに長らく置かれていて(確か値札は55,800円だった)、欲しいなあと思っていたものだった。

ネットに転がっている音色をいろいろと試してみようとしたがフリーの音色エディタで使いやすそうなものが見つからず、自作してみることに。

DX100Editor

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se516513.html

http://cha.la.coocan.jp/soft/dx100editor.html

1年近くかかって、Ver2.00でやっと実用に耐えるレベルになった。

Ver1.00はシステムエクスクルーシブデータのVOICE DATA (VMEM format)、VOICE PARAMETERS (VCED format)をパラメータ番号順に並べてデータ送受信、VCEDフォーマットの編集ができるようにしたもの。できた~!と思って公開した。

いざ自分でボイスデータを編集しようとしたところ使いにくいのなんの。更にはOP3とOP2の表記も逆というバグもあり(元々のフォーマットがOP4,OP2,OP3,OP1の順になっていることに気付かず)。ということで、ちゃんとマニュアルの”VOICE/FUNCTION DATA”の形式に合うように、GUIを作り直した。データフォーマットはDX21側が上位互換となっているので、実際にはDX21に合わせる結果となった。

GUIを設計してみると、自然とDXのボイスパラメータがどのように構成されているかがわかってきた。そうすると、更に、実機のボタン構成が非常によくできていることに気付いた。

16個(DX27/DX100) or 24個(DX21)のボタンは、もちろん音色をワンタッチで選べるという目的もあるが、音色のパラメータも、わかりやすいようにうまく配置してある。基本的にはDX21はPEG(PITCH ENVELOPE GENERATOR)がある分、ボタンが多いということになっている。いや見事です。さすが、世界初のフルデジタルシンセサイザーのDXシリーズである。

DX100Editor Ver2.00は結果的にDX100だけでなく、DX27/DX21でも使えるソフトになった。どちらかといえばDX21用であり、DX27/DX100でも使えますよ、という仕様である。(DX27/DX100で使う場合は使えないパラメータを意識する必要がある)

入手して1年近く経って、やっと音色をいろいろと試して自作曲に使えそうなものをピックアップし始めた(笑)。私は昔からどうしても環境を構築するところに行ってしまうのである。