KORG volca sample

昨年あたりから「自分好みの音色で気軽にリズムパターンを組みたい」ということで、TR-08やらMPC500やら・・・と購入検討していたのがやっと決着。

KORG volca sampleである。

 

商品自体は知っていたが、サンプルを差し替えられる、という認識が無かった(だってメモリカードも無いんだからそう思わないよね)。

SYNC IN経由でサンプルが差し替えられて、RolandのTRシリーズライクにパターンを組めるとなると、「自分好みの音色で気軽にリズムパターンを組みたい」という目的に対しては十分満たせると気付いた。

そして、なんといっても価格である。新品でも1万円台前半で買えるというのはよい。中古価格もそれほど安くないので、今回はサウンドハウスさんから新品で買いました。しばらく在庫が切れていたのでウォッチしていたのだが6/12に入荷したようで即ポチリ。

私としては、元々考えていた、電池駆動可能、というのももちろん、”SWING”がいじれるのもポイントが高い。TR-08(TR-808)がよかったのもこの調整ができるから。自分の好きな曲はハネているものが多いので。

まだ使い始めたばかりだが、本当にイイですね。これさえあればなんでもできるのでは?と思えてしまう。(そういう気持ちになれることが大事。こんな風に感じたのは、QY70買ったとき以来かな)

早速iPhone(AudioPocket)で録音して転送してみたが、なんとこれ、装置側は受信準備をしなくても、データ(音)を入力するとそのまま受信し始めるのね。このあたりの手軽さというのも素晴らしい。

SDK、サンプル管理アプリ、MIDI OUT改造等、おもしろそうなものが沢山・・・

今後、下記にいろいろまとめようと思う。

http://cha.la.coocan.jp/doc/KorgVolcaSample.html

GNU Emacs 26.1 リリース

2018年5月28日、GNU Emacs 26.1 がリリースされた。

  • Limited form of concurrency with Lisp threads
  • Support for optional display of line numbers in the buffer
  • Emacs now uses double buffering to reduce flicker on the X Window System
  • Flymake has been completely redesigned
  • TRAMP has a new connection method for Google Drive
  • New single-line horizontal scrolling mode
  • A systemd user unit file is provided
  • Support for 24-bit colors on capable text terminals

https://www.gnu.org/software/emacs/

https://www.gnu.org/software/emacs/news/NEWS.26.1

いつものようにビルドした。

「日本語入力切り替え(IME ON)時、インライン入力ができるように最低限のソースコード変更をしてビルドしたもの」を下記に置いている。

http://cha.la.coocan.jp/doc/NTEmacs.html