Cubaseで音が途切れる

久しぶりにCubaseでWavデータを取り込んで再生していたところ、音が途切れる現象が多発。考えてみればつい最近、オーディオI/FをMACKIE ONYX 1220iからSteinberg UR242に変更している。一度、以前作成した曲を再生して軽く確認はしていたものの、今回は(子供の)吹奏楽の曲を聴いていたので途切れるのが目立って気付いたと思われる。

結論から言うと、「CPUの熱が上がりすぎたこと」によるものだったようだ。

昨年構成を大幅に入れ替えした自作PCでは、CPUファンが少しうるさかったので、BIOS設定で自動でファン速度を調整するようにしていた。頻繁にファンが変速している状況になっていたのだが、温度冷却が間に合わないタイミングで処理が途切れる状態になったと推測。

VSTパフォーマンス CPU使用率を確認

その後のWin10環境でのCubase作動状況について~その後

上記のページの記載がヒントになった。Cubaseの”VSTパフォーマンス”をチェック。処理の負荷も上がっていない(ほぼidleに近い状態)でも、突然”average load”と”real-time peak”に赤色がつく状態になっていた。

 

結論に行きつくまでの流れとしては、

ASIOドライバのBuffer Sizeを大きくとる。→1024 Samplesにしても改善せず。

「ASIO-Guardを有効化」のチェックを外す。→改善せず

コントロールパネル>システムとセキュリティ>電源オプション、でプランを”バランス(推奨)”から”高パフォーマンス”に変更 → 多少効果があったが改善せず

としたところで、マザーボードに対応した温度モニタでCPU温度を確認したところ、50℃を超えた状態になっていた。試しに、BIOSからCPUファン速度を常にフルで回転するような設定にしたところ、しばらくは同現象が発生していたが、温度が徐々に下がるにつれて改善した。

というような感じ。

そもそも、CPUは Core i7-6700T でそこそこ性能が高いものなので、WAVデータほぼそのまま再生しているような状態でpeakが点灯するなんておかしいのである。ちなみに、確かに、ONYX 1220iでも音が途切れる現象は多少発生していたので気になってはいたが、原因がわからずじまい。もしかするとFireWireなので多少許容度は高かったのかもしれない。

ちなみに、ASIOドライバのBuffer Sizeを最小の32 Samplesにして、CPU負荷が高い状況にしてしばらくオーディオの再生を行っていると、real-time peak はそうそうMaxに行くことはないが、CPU温度が53℃くらいまで上がってやはり時々赤点灯が発生。低消費電力版のCore i7-6700Tということで大丈夫かと思っていたが、やはりCPUファンの変更等、PCの冷却環境の改善は必要そうだ。

(2018.7.22追記) メインデスクトップPC パーツ変更 2018 にて冷却環境を改善した。