最終更新日: 2017-07-17 月 15:06
ホーム | 文書トップ | 目次

Oracle VirtualBox

Table of Contents

概要

仮想PC環境 Oracle VirtualBox についての説明

ここでは、主に、Windows10非対応の SD-Jukebox を仮想マシン上の Windows7 で動作させる事例について説明する

前提、方針

OS

Windows10非対応の SD-Jukebox を仮想マシン上の Windows7 で動作させる。

音楽ライブラリの置き場

ホストOS上に格納された音楽ライブラリに、ゲストOS上のSD-Jukeboxから、上記に直接アクセスして使用することを考える。

私の環境では、音楽ライブラリ(mp3)はホストOSの D:\music\mp3 に置き、iTunes で管理している。

VirtualBox環境の制約

ホストOS上の音楽ライブラリが格納されたドライブ(私の環境では Dドライブ) を「読み込み専用」の共有フォルダとして設定する。ゲストOS上からはネットワーク上のフォルダという扱いになる。

ただし、SD-Jukebox では、ネットワークフォルダはドライブとしてマウントしても扱えない。(ファイルインポートができない)

音楽ライブラリへのアクセス方法

Windows7 であればシンボリックリンクを使用して上記制約に対応できる。

通常は、ゲストOSのCドライブからホストのハードディスク(ゲストOS上からはネットワークフォルダ)にシンポリックリンクを貼ればよいだろう。

win10_vm_sdjb1.png

音楽ライブラリへのアクセス方法(私の環境)

私の環境では、追加のストレージとして Mドライブを作成し、Mドライブからホストのハードディスク(ゲストOS上からはネットワークフォルダ)にシンボリックリンクを作成して対応した。

この環境で使用する前は、USB接続のハードディスクにメインPCから音楽ライブラリをコピーし、ノートPC(Let'snote)にハードディスクを付け替え、Mドライブにマウントして、音楽ライブラリとして使用しており、 このディレクトリ構成を引き継ぐ為である。

win10_vm_sdjb2.png

具体的な手順

Oracle VirtualBox ダウンロードとインストールと設定

バージョン5.1.6をインストール。その後、5.1.22 にバージョンアップ。

なお、デフォルトの仮想マシンフォルダーは変更している。

Oracle VirtualBox 仮想マシンの作成と設定

仮想マシンの作成、OS(Windows7)のインストール、仮想マシンの設定等。

Oracle VirtualBox 上の Windows7 で SD-Jukebox を使う

環境その後

仮想ホストPCのハード変更(CPU,マザーボード,RAM)

(2017.4.22) Core 2 Duo から Core i7 へ。 これまでBN-SDCMP3を接続していたオンボードのUSBポートがUSB2.0からUSB3.0に変わり、ゲストOSでBN-SDCMP3を認識できなくなった。

ゲストOS(Windows7)側のドライバを更新し、認識できるようになった。

仮想マシンなので、変な感じがしたのだが、今回のように、実ハードウェアに接続するものや、CPUはホストPCに依存するというのが新鮮ではあった。

その他の事例

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)