最終更新日: 2017-09-03 日 22:06
ホーム | 文書トップ | 目次

PAR 0.77〜0.79 cpanによるインストール

Table of Contents

はじめに

ActivePerl 5.6.1.638 で、PARのインストール。

失敗事例である。

その他の事例は、PAR関連 を参照。

ActivePerl 5.6.1.638 のインストール

  • インストール先は C:\usr\Perl\ 。「Enable PPM3 to send profile info to ASPN」のチェックははずしたまま

前準備

"C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\Vc7\bin\vcvars32.bat"

依存関係

  • PAR 0.77 を直接インストールしようとすると、下記のように言われる
perl Makefile.PL
'*** ExtUtils::AutoInstall version 0.55
'*** Checking for dependencies...
[Core Features]
- File::Temp       ...loaded. (0.12)
- Compress::Zlib   ...loaded. (1.22 >= 1.16)
- Archive::Zip     ...missing. (would need 1)
- Module::ScanDeps ...missing. (would need 0.36)
- PAR::Dist        ...missing. (would need 0.06)

依存関係があるモジュールのインストール

  • Archive-Zip (1.00)
perl Makefile.PL
nmake
nmake test
nmake install
  • Module-ScanDeps (0.38)
perl Makefile.PL
nmake
nmake test
nmake install
  • PAR-Dist (0.07)
perl Makefile.PL
nmake
nmake test
nmake install
  • というわけで、依存関係が解決
perl Makefile.PL
'*** ExtUtils::AutoInstall version 0.55
'*** Checking for dependencies...
[Core Features]
- File::Temp       ...loaded. (0.12)
- Compress::Zlib   ...loaded. (1.22 >= 1.16)
- Archive::Zip     ...loaded. (1.00 >= 1)
- Module::ScanDeps ...loaded. (0.51 >= 0.36)
- PAR::Dist        ...loaded. (0.07 >= 0.06)
'*** ExtUtils::AutoInstall configuration finished.
Checking if your kit is complete...
Looks good
Writing Makefile for the par.exe program
Writing Makefile for PAR

PAR のインストール

  • PAR (0.77)
perl Makefile.PL
nmake
nmake test
nmake install

インストール作業自体は終了

動作確認

  • 0.77 だと、pp.bat で exe ファイルが作成できない。下記のように言われる
Can't spawn "C:\usr\Perl\bin\parl.exe": No error at C:\usr\Perl\bin\pp.bat line 361.
  • 0.78、0.79 は同様にインストールでき、exe ファイルは生成できるが、実行すると「アプリケーションは Win32 モードで実行できません」と言われる。
ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)