最終更新日: 2016-06-26 日 01:24
ホーム | 文書トップ | 目次

Windowsプログラミング

Table of Contents

winprog.gif

はじめに

  • 2003年初頭から、のんびりWindowsプログラミングを学んでいる。
  • Windowsは好きな面も嫌いな面もあるが、クライアントOSとしてこれだけ普及したものであることから、
    • 自分でアプリケーションをつくることができれば便利である
    • APIを学ぶことによりWindowsの思想を学ぶことは、その他のプログラミングや設計をする上でも参考になる
  • と考えたのが、学び始めた理由である

以前の話

  • いつだったか正確には覚えていないが、、
  • 近所の本屋で最初に購入したのは、「作ってわかるVisualC++ 6.0(清水 康晶著)」という本
    • 私はこの種の書籍はお勧めしません
    • 題材としているプログラムは、ブラウザ、時計、マルチメディアプレーヤ、等、いろいろあったのでよいかと思ったが、、
    • 例の従ってプログラミングを始めて、VisualC++ に依存したプログラミング手法であることに違和感を覚え(考えてみれば書籍のタイトルから言うと当然なのだが。。)、すぐやめてしまった

(再度)始めた際のとっかかり

購入した書籍

  • プログラミング Windows第5版(上)
  • プログラミング Windows第5版(下)
    • 紹介とメモ
    • 勉強を始めるにあたって、上記ページを参考にし、まず購入したのは、プログラミングWindows第5版(上/下)
    • 2冊買うと10,000円くらいになってしまうが、読み物としてもとてもおもしろく(私にとっては)、windowsの謎が解き明かされていく感じである。
    • 内容が充実しておりそれだけの価値はある。最初はこれだけあればよいと思う。
  • Windows 95通信プログラミング (廃刊のようだ。Yahoo!Auctionで入手)
    • シリアル(RS-232C)周りのことを学ぶ為に下記を購入したが、Windows95時代の内容であることもあり、あまり参考にはならなかった。
  • Advanced Windows 改訂第4版
    • マルチスレッド(WaitForMultipleObjects()関数等)をやろうとすると、Petzoldだけでは不十分であり、
    • Webページでもあまり参考になるページは無く、上記を購入
    • 内容は難しい(というか元々わかりにくいところなのだ)が、じっくり読んで理解すればばっちりわかる
    • ただ、マルチスレッド以外の部分は読んでいない。必要になったとき読めばいいかなと考えている
  • MFCによるWindowsプログラミング
    • 紹介とメモ
    • Petzoldの中でも紹介されており、この本ならば、ちゃんとMFCを理解できそうだと思ったので購入
    • しかし今のところ、MFCを使うメリットを感じていない

開発環境

現在

  • コンパイラ/デバッガとして Visual C++ .NET 2003 Standard Edition を使っている
  • エディタは Meadow

Cygwin 環境の検討

  • 2003年にやったこと
  • C/C++の場合、もうほとんどの人がVisual C++を使うと思うのだが、この環境がどうにも私には合わないので、できればCygwin+Meadowでやりたいと考えた
  • Cygwinで、mingwを含めてgccを入れていれば、
> gcc -o test.exe test.c -mwindows -mno-cygwin
  • といった感じでビルドすれば、とりあえず単純なプログラムであればつくることができた。
  • 問題はリソースファイル等であるが、これはwindres というのを使うらしい。
  • 下記のように作成したオブジェクトファイルをリンクするらしいのだが、petzoldのサンプルをビルドしようとしたがうまくいかなかった
> windres -o resfile.o resfile.rc

その他の環境の検討

参考

その他リンク

ホーム | 文書トップ | 目次
Created by Emacs 25.2.1 (Org mode 8.2.10)